埼玉県ガス協会

第37回九都県市合同防災訓練(平成28年8月28日 ふじみの市役所東側広場)

東京湾北部を震源とするM7.3の地震が発生したとの想定で、防災関係機関相互の協力の円滑化と住民の防災意識の向上を図るため、都市災害を想定した60種類の訓練が行われました。

埼玉県ガス協会では、会員を代表して、ふじみの市を供給区域とする武州ガス(原敏成社長)が「ライフライン復旧訓練」に参加し、ガス漏えいのあった低圧管の応急復旧訓練を披露しました。

  • 九都県市合同防災訓練

    修繕隊が現場に到着しました。

  • 九都県市合同防災訓練

    ガス漏洩を調査し、漏洩箇所を特定します。

  • 九都県市合同防災訓練

    ガスを遮断します。(実際のガスは見えません)

  • 九都県市合同防災訓練

    漏洩個所のガス管を切断・撤去します。

  • 九都県市合同防災訓練

    新しいガス管を取り付け融着します。

  • 九都県市合同防災訓練

    パージ(空気抜き)をして復旧完了です。(実際のガスは見えません)

  • 九都県市合同防災訓練

    テントブースも出ました。

  • 九都県市合同防災訓練

    自動遮断したガスメーターの復帰方法に関心。

  • 九都県市合同防災訓練

    合同防災訓練の様子

  • 九都県市合同防災訓練

    合同防災訓練の様子

  • 九都県市合同防災訓練

    合同防災訓練の様子

  • 九都県市合同防災訓練

    地元中学生も参加し、多数の近隣住民が見学に来ました。

  • 九都県市合同防災訓練

    閉会式

  • 九都県市合同防災訓練

    閉会式では、埼玉県 上田知事の講評がありました。「災害を防ぐことはできないが、日頃の努力によって被害を少なくする減災はできる。」