埼玉県ガス協会

地震が発生した時は…

ガスを使っている時に地震が発生した場合は、次の手順で安全を確保して下さい。

揺れたらまず、身の安全を確保しましょう

awatenai

震度5以上の揺れを感知すると、マイコンメーターが自動的にガスを遮断します。

大きく揺れている時にガス機器の火をあわてて消そうとすると、火傷などの恐れがあり危険です。まずは、身の安全を確保しましょう。

揺れがおさまったら

tomeru

ガス栓やメーターガス栓を閉めて、ガスの火を消します。
ガス臭い時は栓を閉めたまま、ガス会社にご連絡下さい。

ガス栓、器具栓、メーターガス栓を開いてもガスが出ない時は、
マイコンメーターが作動してガスの供給が止まっている可能性があります。その場合、ガス栓、器具栓を閉め、手順に従ってマイコンメーターを復帰して下さい。
マイコンメーターの復帰方法はこちら

正しくマイコンメーターの復帰作業をしてもガスが使えない場合、ガス会社で供給が止まっている可能性があります。

ガスの供給が再開される時は

(1)ラジオ、テレビ、広報車等でガスの供給再開予定についてご確認下さい。

(2)ガス会社の担当者がご家庭のガス設備を点検し、ガス漏れ等を調べて安全確認を行います。

(3)安全が確認され次第、ガスの供給が再開されます。